消化酵素とは?

消化酵素とは?

消化酵素とはいったいなんなのでしょうか?

 

消化酵素には2種類あります。
ひとつは食物に含まれている消化酵素です。
もうひとつは人間のすい臓で分泌される消化酵素です。

 

食べ物を消化するには酵素が必要になります。
まず、食物に含まれている消化酵素を使い、それでも酵素が足りない場合は人間のすい臓で分泌される消化酵素を使うのです。
食べ物に酵素がたくさん含まれていれば、体は消化酵素を分泌する必要はありません。
しかし、食べ物に消化酵素が含まれていない場合は、体の中で消化酵素を分泌しなければいけません。
人間のすい臓で分泌される消化酵素には限りがあるのです。

 

体内で作られる潜在酵素の量は、遺伝子によって決まっていて、その量を超える酵素は作り出せないと言われています。
潜在酵素は年を取るにつれて徐々に減少し、40歳を過ぎると激減します。

 

つまり、40歳を過ぎても潜在酵素の量を保つためには、日頃からたくさんの食物酵素を体内に取り入れる必要があるのです。
そのため、普段から食物酵素を意識的に摂取するように心掛けなければなりません。
しかし、残念なことに普段の食事には食物酵素を含んだ食品は非常に限られています。

 

なぜなら、酵素は熱に弱く、48℃以上の熱で死滅してしまうのです。
したがって、火を通した料理には酵素がまったく含まれていないのです。

 

ではどのようにして食物酵素を摂取すれば良いのでしょうか?
そこでオススメなのが酵素ドリンクです。

 

酵素ドリンクとは、野菜、野草、果物、海草などのたくさんの原材料を乳酸菌や酵母菌などの酵素でじっくりと発酵・熟成させたドリンク状の植物発酵食品です。
酵素ドリンクには食物酵素がたくさん含まれています。
酵素ドリンクを飲むことで簡単にたくさんの食物酵素を摂取することができるのです。

 

絶対に買ってはいけない酵素ドリンク教えます。

↓    ↓

酵素ドリンク ランキング