酵素ドリンク 作り方

基本的な作り方

酵素ドリンクの原液を作るのに必要な物

 

・大きな樽(プラスチックの漬物樽がオススメ)
・野菜、果物など(基本的になんでも良いみたいです)
・砂糖(グラニュー糖、白砂糖、黒砂糖どれでもOKです。材料と同じ量の砂糖が必要です。)

 

 

酵素ドリンクの原液の作り方

 

@材料を切って樽に入れる
 1cm〜2cm程の幅に切りましょう。
 細かいほど発酵がしやすいです。
 皮と身の間に栄養素がたくさん含まれているので、皮は剥かない方がいいです。

 

A切った材料と砂糖を樽に入れる
 切った材料と砂糖を交互に樽に入れましょう。

 

Bよくかき混ぜる
 樽の中の材料と砂糖とよくかき混ぜましょう。
 素手でかき混ぜることにより、皮膚の常在菌が混ざり発酵します。
 しっかりとかき混ぜないとうまく発酵しません。

 

C砂糖で蓋をする
 十分にかき混ぜたら、最後に砂糖で蓋をしましょう。
 材料が見えなくなるくらい、たっぷりと砂糖を掛けましょう。

 

D毎日かき混ぜる
 毎日欠かさず、かき混ぜましょう。
 この作業を怠るとうまく発酵しません。
 期間は1〜2週間くらいです。

 

E原液を抽出する
 1〜2週間経過して発酵したら、ろ過しましょう。
 発酵の目安はアルコールに似たような発酵臭がしてきたらOKです。
 ボールなどの容器を用意して、ざるなどの目の粗い物でろ過します。
 1度ろ過したものをさらに、ガーゼなどを使ってもう1度、ろ過します。

 

F原液を保存する
 ろ過した原液をペットボトルなどに入れ、冷蔵庫で保管しましょう。
 常温で保存すると発酵がすすんで膨張し、ペットボトルが爆発するかもしれませんのでご注意下さい。

 

絶対に買ってはいけない酵素ドリンク教えます。

↓    ↓

酵素ドリンク ランキング